思わぬ解雇に直面したら | 移転価格や税問題解決のプロ~税理士・弁護士お悩み解決隊~

移転価格や税問題解決のプロ~税理士・弁護士お悩み解決隊~

裁判

思わぬ解雇に直面したら

 man

かつての日本のサラリーマンは、一度就職をしたら、定年まで同じ会社で働き続けるというのが一般的でした。しかし現在では就職から定年退職まで、同じ会社で働き続けるという人は少なくなっています。会社と雇用関係を結んでいる状態から、正当な理由なしに、会社側から雇用関係を破棄されることを不当解雇といいます。万が一、不当解雇に巻き込まれてしまった場合、すみやかに弁護士に相談しましょう。弁護士は、不当解雇に関する専門知識をもっているため、不当解雇に関する質問について丁寧に回答してくれます。

労働契約は労働者の立場を守るために、一方的に解雇できないようにある程度の制約があります。その制約を守らず解雇した場合、会社側に賠償責任などが生じることがあります。不当解雇をされた疑いがある場合は、解雇の動機や解雇の理由がどういったものであったかを、弁護士に詳しく状況説明と相談を行ないましょう。会社側の意に沿わない行動を取ったために解雇された、結婚や出産を理由に解雇されたといったケースなどが不当解雇として認められたことがあります。

弁護士に相談する時に、どの弁護士に相談をしたらよいのか悩む人は多いでしょう。不当解雇について相談する弁護士を選ぶ時には、不当解雇に関する問題に対して実績のある弁護士を選びましょう。不当解雇問題に実績のある弁護士であれば、様々なケースの不当解雇に対する対応に長けており、迅速な問題解決が期待できます。また、メールや電話での無料相談を受け付けている弁護士事務所もあるので、活用すると良いでしょう。