移転価格や税問題解決のプロ~税理士・弁護士お悩み解決隊~

裁判

近年多い問題

トラブルの種になる問題なので、専門家に相談をすること

裁判

親族が亡くなった際には、民法の規定に応じて相続をすることになりますが遺言書があった場合には、遺書の内容に従うことになります。相続については昔から、親族や兄弟間の関係が悪くなる原因になっているのでトラブルが絶えません。資産の大小に限らず、争いごとの種になるので年齢を重ねたら元気なうちに遺言書を作成するようにしておくことが望ましいと言われています。相続に関するトラブルは、弁護士などの専門家に相談をして解決をすることが望ましいです。様々なケースによって適用されるであろう法律も異なってくるので、知識と経験豊富な弁護士に相談をして問題解決を行うことが得策です。親族で円満に付き合うためにも、相続問題は弁護士に相談をしましょう。

借金も相続の対象に含まれる

相続と聞くと、遺産にばかり興味が向いてしまいますが、逆に借金を相続する事もあります。高額の資産を保有している人は、同様に高額の債権を保有していることもあります。資産だけを受け継ぐことは日本の法律では不可能です。また、多額の借金だけを相続しなければならない場合もあります。このような場合にも弁護士に相談をすることが重要です。相続放棄をすることにより、故人が残した借金を支払う義務はなくなります。ただし、申し立てをしなければならない有効期間が決まっているので注意が必要です。知識を持っていても実際にどのように申し立てをする必要があるかということを知っている人はごく一部になるでしょう。弁護士に相談をすれば、一切の手続きを行ってくれるので任せることが得策です。